冷えが怖いこんな理由。 こんな身近な病気も実は・・・TOP > 冷え 低体温症 まとめ > 男性の冷えについて

男性の冷えについてについて

最近は、冷えや低体温症に悩むのは女性だけではなく、男性も増えているそうです。
20代男性の4人に1人が足の冷えを感じているそうです。
男性の中に、スリムな体型にあこがれて、あまり運動することもなく、筋肉が少ない人が増えています。
筋肉が少ないと、熱を生み出す力も落ちます。
また、不規則な生活、喫煙、ストレスなどで自律神経がみだれ、低体温症の悪化や、脳や内臓の血行を悪化させています。
胃腸の弱い男性は内臓の冷えが原因かもしれません。

女性の冷えは、手足や腰などに自覚症状として表れることも多いですが、一方の男性の冷えは無自覚なまま、内臓、特に腎臓や肝臓で進行していることが多いようです。
自分が低体温症かどうか分からないという人は、朝目が覚めた時に、腋の下とお腹や太ももなどを触って温度差を比べてみましょう。
腋の下よりお腹や太ももの温度が低いと感じたら、低体温症の可能性が高いです。

男性は社会的に大きなストレスにさらされることが多いですね。
しかし女性に比べて、自分の健康に無頓着で無理をして、相当具合が悪くなるまで体の不調に気付かなかったりします。
体の冷えに気づいていても、何ら対策を取らない男性も多いようです。
冷えは万病のもとなので、病院に通うことになる前に、少し生活習慣を改善して体温を上げるようにしませんか。
夜更かしをやめて、早起きをし、通勤時にひと駅分余計に歩いてみるなどというところから始めても良いでしょう。
男性用の腹巻や冷えとり靴下など、冷え対策グッズも探してみると沢山あります。

冷え 低体温症 まとめ記事一覧

体が冷えると何が起こる?

元来、低体温症とは登山で遭難したりして、体の深部体温(直腸温)が35度以下になり、身体機能に色々支障を生じる状態のことですが、最近では生活習慣などで基礎体温が35度台になってしまう...

女性の冷えについて

男性よりも筋肉量が少なく、水分量が多いといった低体温症になりやすい体の条件を備えているのが女性の体です。また、冷えを招く過剰なダイエットをしたり、血行を悪くするきつい下着や服を...

男性の冷えについて

最近は、冷えや低体温症に悩むのは女性だけではなく、男性も増えているそうです。20代男性の4人に1人が足の冷えを感じているそうです。男性の中に、スリムな体型にあこがれて、あま...

低体温とがんの関係

今や日本人の死因の第一位を占める病気であるガンですが、このガンの発生にも冷えや低体温症に密接な関係があると聞けば、たかが冷えと軽く見ていた人も考えを改めるのではないでしょうか。...

低体温とアレルギーの関係

現代では、何らかのアレルギーを持っている人の割合は非常に多いですね。自分は無関係と思っていたのに、ある日突然発症したりもします。このアレルギーも、低体温症や体の冷えと関係が...

低体温とうつの関係

低体温症や体の冷えとうつ病も関係があると言われています。うつ病が原因で自殺してしまう方も多いですが、自殺者の多い地域は平均気温が低く日照時間が少ないのだそうです。また、1日...


 
ソーラー発電ではじめるECO