冷えが怖いこんな理由。 こんな身近な病気も実は・・・TOP > 冷え 低体温症 まとめ > 低体温とアレルギーの関係

低体温とアレルギーの関係について

現代では、何らかのアレルギーを持っている人の割合は非常に多いですね。
自分は無関係と思っていたのに、ある日突然発症したりもします。
このアレルギーも、低体温症や体の冷えと関係が深いのです。

そもそもアレルギーが起こる仕組みはどうなっているのでしょうか。
体の中に異物が入ってきた時、免疫システムが働いて、異物に対抗する抗体という物質を作って、異物を排除しようとします。
この排除しようとする働きを抗原抗体反応とか免疫といいますが、時に、不必要に不適切に作用する

ことがあります。
これをアレルギー反応と呼びます。
たとえば花粉症のアレルゲンである花粉は、花粉そのものが毒性を持っているわけではないのに、免疫システムが異常に反応して、鼻炎や目のかゆみなどといった不快な症状をもたらすのです。

アレルギー反応とは免疫システムがバランスを崩している状態なのです。
そのバランスを崩しているのは、自律神経の乱れです。
血中の免疫細胞であるリンパ球は、自律神経の副交感神経が働いている時に増えます。
リンパ球が異常に増えると、アレルギー反応も過剰に起こります。

副交感神経ばかりが働いていると、血行も悪くなります。
血行が悪くなると冷えや低体温症を招きます。
アレルギー体質である人は同時に低体温症にもなりやすいのです。

人間の免疫システムなどは、正常に働いている時は驚くほど緻密で合理的であると同時に、一つ崩れると驚くほど色々な悪い作用を引き起こしてしまいますね。

症状が軽く済んでいるうちに体を温めて冷えを抑え、自律神経を整えて、正常な免疫システムを取り戻すよう努力しましょう。



冷え 低体温症 まとめ記事一覧

体が冷えると何が起こる?

元来、低体温症とは登山で遭難したりして、体の深部体温(直腸温)が35度以下になり、身体機能に色々支障を生じる状態のことですが、最近では生活習慣などで基礎体温が35度台になってしまう...

女性の冷えについて

男性よりも筋肉量が少なく、水分量が多いといった低体温症になりやすい体の条件を備えているのが女性の体です。また、冷えを招く過剰なダイエットをしたり、血行を悪くするきつい下着や服を...

男性の冷えについて

最近は、冷えや低体温症に悩むのは女性だけではなく、男性も増えているそうです。20代男性の4人に1人が足の冷えを感じているそうです。男性の中に、スリムな体型にあこがれて、あま...

低体温とがんの関係

今や日本人の死因の第一位を占める病気であるガンですが、このガンの発生にも冷えや低体温症に密接な関係があると聞けば、たかが冷えと軽く見ていた人も考えを改めるのではないでしょうか。...

低体温とアレルギーの関係

現代では、何らかのアレルギーを持っている人の割合は非常に多いですね。自分は無関係と思っていたのに、ある日突然発症したりもします。このアレルギーも、低体温症や体の冷えと関係が...

低体温とうつの関係

低体温症や体の冷えとうつ病も関係があると言われています。うつ病が原因で自殺してしまう方も多いですが、自殺者の多い地域は平均気温が低く日照時間が少ないのだそうです。また、1日...


 
ソーラー発電ではじめるECO